新年

あけましておめでとうございます。
みなさまにとって素敵な一年になりますように。

ずーっと停滞してすみません(´д`)
今年は、時間をつくって心機一転、
新たにブログ発信しようと思います。

ココログブログから、アメーバブログへ
お引っ越しします。
現時点ではまだ新たな記事は書いていませんが、近々!!

引越先は
http://ameblo.jp/okazumanma
です。
マイペースですが、気が向いた時にでものぞいて
くださいね。よろしくお願いします!

くるまのマーク

最近の新聞に「妊婦さんが運転していることを知らせるマークが
あるといいですね」という内容の記事がありました。

実はこの記事を読む前、
正確には一昨年、妊娠した時に同じことを思い、車のバックウインドウに
勝手にステッカーを貼ったのでした。

妊婦であることをお知らせする「マタニティマーク」は、円の中に
お母さんと赤ちゃんのかわいらしいイラストが描かれています。
ひもがついていたので、妊娠中はバッグにぶらさげて外出していました。
電車などで「席をゆずってもらえるかな…?」なんてちょっとした
期待をしていましたが、ほとんどありませんでしたcoldsweats01
優先席に座った時はなんとな~く特別な気がしました。

「赤ちゃんが乗っています」というステッカーは売られていますが、
「妊婦さんが乗っています」もしくは「運転しています」というものはありませんよね。
そこで、シール状のマタニティマークを車に貼ることを思いついたのです。

Epson001

でも、新聞記事を読んでオットと話したのは
「こういうことをしなくても、常に安全運転、やさしい運転を心掛けるべきだ」ということでした。
わざわざ「初心者」「高齢者」「妊婦さん」「赤ちゃん」とお知らせしなくても、ドライバー一人ひとりが、遅い車に腹を立てることなく
運転すればよいだけのことなのですよね。

安全を心掛けているゴールド免許の私も、昔、宅配のバイトをしていたこともあり、
クセで時にはスピードを出していたことも。
でも子どもを乗せるようになってからはより慎重になっています。
ドライバーのみなさん!マークがあってもなくても、やさしい運転お願いしますねrvcar

パンからしあわせを

今年1月に公開された映画「しあわせのパン」。ご存じですか?

北海道出身のタレント大泉洋さんと原田知世さん主演の、北海道が舞台の映画です。
東京から北海道の洞爺湖畔の月浦町に移り住み、小さなパンカフェを営む若い夫婦。
2人の日常を通して家族、夫婦、幸せのあり方を描いています。 

私は映画館へ足を運べないため、オットが買ってきた文庫本(映画の文庫化)
を読みました。
洞爺湖は、小学生の修学旅行や高校時代のスケッチ旅行、家族との温泉旅行などなど、
何度も訪れた思い入れのあるところ。
きれいに文章化された風景を、頭の中で思い浮かべながら
読み進めました。
あたたかな食卓を囲むことの大切さ、四季の美しさを感じるとともに、
無性にパンが食べたくてしかたなくなりました。

Epson226

いろいろな料理やパンが出てくるのですが、
「カンパーニュが、焼けました」
というセリフになぜがハマり、
しまい「ふだんあまり食べない
カンパーニュが食べたい!」と、
オットにいろいろなパン屋さんをめぐってもらいました。

なかなかこれといったカンパーニュが見つからず、やっとこさ発見した時は感動!
本のとおり、さっそくクリームチーズをのせていただきました。

最近はソフトなパンを食べ続けていたので、
ライ麦入りのどっしりしたハード系のパンが久しぶりで、そのかみごたえと味わいに
大満足happy01かめばかむほど味が出てきて、玄米を食べているかのような感覚です。

この本を読んでからは毎週末パン屋通いをお願いしていた私…。
おかげさまで(?)カンパーニュ以外にもおいしいパンをたくさん食べてあぁ幸せ。
小さなおかずまるがいるとパン屋めぐりは難しいですからね。
本当はパン作りをしたいのですがこちらも時間がとれずじまい。
いつか自分の足で各地のパン屋さんめぐりをするのが夢ですheart04

パンが好きな人もお米が好きな人も、北海道に住んでいる人もそうでない人も、
食べものだけではなく、さまざまな人の思いがたくさんつまったこのお話、
「しあわせのパン」をぜひご一読、もしくは映画をご覧ください。

シンプルな味見

できた料理の味見をすることはあっても、
素材そのものの味見はあまりしていない気がします。

改めて、野菜やお米そのものの味をじっくり味わう。
そのきっかけとなったのが、おかずまるのごはん作りです。

おかゆを食べるのは七草がゆくらい。
うどん、パンをおかゆにするのは初めて。
「小さくつぶして、お湯でのばしただけのうどんやパンっておいしいのかしら?」
他の野菜類も、離乳食資料を参考に作ったものの、
「ただ野菜をすりつぶしてペースト状にして…これ食べるかな?」
と、シンプルすぎるおかずに戸惑い。

0225_2

 

さっそく味見(毒見?)してみると…お?意外とおいしい。
かぼちゃやりんごはしっかり甘さがあるし、パンがゆも悪くない。

「これってこういう味だったんだな」と、素材の味の原点に戻れる瞬間。
それが離乳食作りなのかもしれません。



おかずまるがごはんを食べ始めて1カ月弱。吐き出すこともなく上手に食べていますが、
なかなか「おいしい」顔はしないなぁ。

知り合いの農家さんが作ったおいしい米だよ?
これも農家さんからもらった無農薬野菜だよ?
これは北海道産小麦で作ったパンだよ?
いいもの食べてるはずなんだよ??
まだまだわからないよね…coldsweats01
あせらず、ゆっくり進めていきたいと思います。

ひさかたぶりでございます

ごぶさたしております。
出産前にコメントくださった方、どうもありがとうございました!

昨年7月に無事、元気な男の子が産まれました。
あれよあれよという間に月日が流れ、

わが子”おかずまる(愛称)”は早7ヶ月になりました。

イラストを描いている時間はほとんどと言っていいほどなく、
自分のブログを開いたのは今日で2度目くらい…?

もう少しゆとりができたら、またイラスト入りで
まったり更新できたらと思いますので、
気が向いたときにのぞいていただけると幸いです。
これからもよろしくお願いしますshine




«新たないのちの誕生に向けて