« シャワーも節水を | トップページ | まさに省エネラジオ »

思いっきりテレビ?の効果

オリンピックが開幕し、TV観戦続きの日が多くなる時期です。
じっくり観る、観ないに関わらず、一日中競技の模様が放送されていると
つけっぱなしにしたり、つい深夜まで観てしまいますね。

日頃省エネを意識しながら生活していますが、
「TV一日●時間」というきまりは全くありません。
観たい番組は好きな時に観ています。

ただ「本当に観たい時間・観たいもの」を吟味するようにしています。
そうしないと、何の気なしに長々観てしまうこともあれば、
チャンネルをあちこち変える、といったことを繰り返してしまいがち。

テレビ本体の主電源の、さらに主電源(コンセント)を切る生活を始めて一か月がたちました(カテゴリー「電化製品編」7月10日記事参照)。

番組を観るためには、
まず、コンセントがささっているタップのスイッチを入れる。
テレビ本体の電源を入れる。
リモコンもしくは本体でチャンネル検索。

という手順になりますが、不思議なことに、
「スイッチを2回入れる」操作がなんとなく面倒になり、さらにTVを観る回数が減りました。
相当な面倒くさがり屋なのかもしれませんが、この心理的効果(?)はなかなか大きいと思います。811
一人でいる時「TVでもつけていないと寂しいな〜」と、チャンネルをパチパチ変えて
いたことがよくありましたが、それも最近減り、その代わり新聞をじっくり読む時間を
増やしています。

「テレビを楽しまない生活なんて…」と
思われるかもしれませんが、
楽しんでいないわけではありません。
オリンピックも高校野球も、
画面の前で応援していますから!

日常生活のもっぱらの「ともだち」はラジオです。
このラジオ、ちょっと普通とは違うのですが…。
(つづく)

« シャワーも節水を | トップページ | まさに省エネラジオ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/22912596

この記事へのトラックバック一覧です: 思いっきりテレビ?の効果:

« シャワーも節水を | トップページ | まさに省エネラジオ »