« アイロンがけ〜秋編〜 | トップページ | 休止ではありません〜 »

お茶の時間

この地域では毎年秋になると、学校で一般者向けの開放講座が開かれます。
スポーツや音楽、絵、パソコンなど様々なジャンルがあり、
今年は「茶の湯(裏千家茶道)を選択しました。

大河ドラマ「篤姫」でお茶をたてるシーンが印象的だったのと、
「日本人として身につけておきたい」との思いでチャレンジしました。

講座は5回で先日終了したばかり。5回では覚えきれず、奥の深〜い世界であると実感しました。お茶のたて方以外にも、おじぎの仕方、歩き方、手の動きや形を美しく見せるコツなどを学び、心が洗われるような時間でした。

昨今では、お茶を入れて楽しむという時間がつくれず、忙しい日々を送っている人が多いと思います。お店に行けばペットボトルの色々なお茶が買えますし、家で飲む時も便利なティーパックで済ませてしまいがち。
時間をかけて入れたお茶はやっぱりおいしく、心が温まります。

103 これから寒くなると
あったかいお茶が恋しくなる季節。
一人でもちょっと時間がある時、
お客さまがいらした時には丁寧にお茶を入れ、季節にちなんだお茶菓子とともに
ゆったりした時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

お茶を飲む時の省エネポイントは、
飲む人数または杯数分のお湯を沸かすこと。わかっていても意外と多く沸かしてしまうものなので、余ったら保温のきくジャーなどに保存。料理や洗いもの、あとでお茶が飲みたくなった時などに活用しましょう。


Omogashi写真は、講座でいただいたお菓子。
秋らしくてかわいい!美味しい!
懐紙(かいし)入れ(お菓子をのせる紙)と
楊枝入れは先生お手製です。素敵shine

« アイロンがけ〜秋編〜 | トップページ | 休止ではありません〜 »

コメント

こんばんは、RUPISUです^^

お茶、雅な響きですね~♪
毎日私はコーヒー依存症といわんばかりに飲んでいるので、お抹茶などたま~にいただくと凄く心が落ち着きます。 茶碗や掛軸、お庭を拝見し季節を感じながらの・・風流ですね~。 こういう心のゆとりを感じたいときは、少し省エネなどのことも忘れたいのですがやっぱり気になります・・・^^;
ゆとりがあるってことは、非合理なのですが、そのゆとりという非合理が許される小さな幸せを見つけ楽しみたいものです^^

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/24228184

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の時間:

« アイロンがけ〜秋編〜 | トップページ | 休止ではありません〜 »