« 冬期間閉鎖 | トップページ | 食材の住処 »

フライパン焼き魚

秋サケ、サンマ、サバ、ホッケ…
お魚がおいしい季節ですね。

親に作ってもらっていた頃は魚よりお肉好きでしたが、
自分が料理をする立場になると野菜&お魚料理が多くなりました。
和食や魚のおいしさがわかってきたのは、年のせい…?ではなく、
料理の腕…??

焼き魚の時はグリル焼き中心ですが、フライパンでも十分おいしく焼けるので、
最近はフライパンを使用しています。

青魚の脂肪分には多くの栄養分が含まれていることは皆さんご存じのとおりです(EPAやDHAなどなど)。
とある本に「グリル焼きだとせっかくの栄養分が落ちてしまうと」書かれていたことも、フライパン焼きにした理由の一つです。
また、グリルより早く焼けてガス代がお得!
わが家の場合、グリルで15分ならフライパンでは5分。
グリルは温まるまでに時間もかかるため、断然フライパンの方が早く、
急ぎの時は助かります。

1111 焼き上がりには少し違いが出ます。
グリルは、皮はパリパリッ。身は脂が落ちているのでさっぱりほっこり。
一方フライパンでは、皮はパリしとっ(?)
(パリッと感&しっとり感)、
身はやわらか〜く脂の旨味がたっぷり。

使う魚や味付けによっても違いが出ますし、脂分が気になる方もいると思うので、
好みで使い分けるのがグッド。

私もオットも「フライパンって感じするね〜」などと話しながら食感の違いを楽しんでいます。

どちらを使うにせよ、真っ黒焦げだけにはしないよう気をつけて、
旬の魚を堪能したいと思います。

« 冬期間閉鎖 | トップページ | 食材の住処 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/25226602

この記事へのトラックバック一覧です: フライパン焼き魚:

« 冬期間閉鎖 | トップページ | 食材の住処 »