« ナイス!リユース〜後編 | トップページ | 牛乳パックお役立ち »

おにぎりを包むなら

節約志向で「弁当男子」なる言葉が出ている昨今ですが、
「おにぎりケース」がお弁当箱とともにお店に並んでいます。
いつか新聞にも紹介されていました。

522 大きさは3種類くらいあり、おにぎり一つと少量のおかずが入るように
2段式になっています。
これならラップやアルミホイルを使わず、おにぎりがつぶれなくていいかも、と思いきや、
使い方には「ラップを型(ふた)に敷いてごはんを入れて…」と
書いてありました。
確かに、そのまま入れるとごはんがくっついて、さらに海苔がはがれて
取りにくいかもしれない。
自分が食べるなら気にしませんがconfident

おにぎりは昔のように、竹の皮に包んだり、かごがよいのでしょう。
殺菌作用もありますしね。

食べるまでの時間、場所などによって包み紙を変えていますが、
おにぎり専用ラップやシートも売られているようですね。

昔、遠足や運動会の時に、母が作ったおにぎりがキャラクターつきの
アルミホイルに包まれていて、嬉しかったことを覚えています。

そんなこんなで、おにぎりケースを買うか否か…。
おにぎり一つじゃ足りない?
おかずスペースが少なすぎる?
つぶれないことが利点なら普通のお弁当箱に入れればいい?

でも、ふたに顔がついていて、何にでも顔を書いてしまう私としては
惹かれてしまいます。
今はスープやサラダの持ち運び用カップやバナナケースまであり、
お弁当も進化しているな〜と思います。

« ナイス!リユース〜後編 | トップページ | 牛乳パックお役立ち »

コメント

バナナケースまであるの・・・banana
凄いなぁhappy01

色々、便利な物が沢山あるだねscissors

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/29738211

この記事へのトラックバック一覧です: おにぎりを包むなら:

« ナイス!リユース〜後編 | トップページ | 牛乳パックお役立ち »