« 食卓の上の小さな幸せ | トップページ | おうち食パンVSお店パン〜完成までのエネルギー〜 »

おうちパンVSお店パン〜基礎データ編〜

かなり長い休みでした…。
夏休みの(?)自由研究テーマだった「自家製パンはお得?」ですが、
このあたりでまとめたいと思います。

一気に結果発表はいたしません。ひっぱりますよ〜!
まずは食パン基礎データ表をご覧下さい。

「パン店」とは、店内に独立してある「パン屋さん」。
「某メーカーパン」はレジで買う普通のメーカー食パンです。

たいてい袋入り1斤で販売されているのでこれを基準に。
ご覧のとおり、同じ1斤でも重さも価格もいろいろです。
当たり前といえば当たり前ですが、こうして比較してみたことがないので
ほぉ〜という感じです。

928pan1_3





















素材にこだわりのあるパンは価格に反映されるようですね。
北海道産小麦使用のもの、5番目の1.5斤食パンはたぶん粉は国産ではないですが、
製法にこだわりがあるためいいお値段です。
たまたま研究用に選ばれたメーカー食パン。なぜこんなに安いのでしょう。
考えてみることは大事です。

重さの横にあるカッコ内の数字は、仮に1.5斤の場合の重さです。
(深く追及しないでね。数字はニガテ…計算間違いはごめんなさい)
価格横のカッコは同様に、1.5斤だったとしたらのおおよその価格です。

私が愛用している粉は北海道産小麦「ハルユタカ」
工程は「こね」から一次発酵までホームベーカリー(象印。国産小麦対応機種)。
その後は手作業です

おうちパンはお店パンといいセンいっていると思います。
極端に重すぎず、軽すぎず。
ちなみに、手ごねで1斤作った時の重さは386gでした。一番ずっしり?
同じ工程でも、外国産小麦で作ると重さが変わります。
それらを含め、次回はおうちパンづくりの結果データです。

maple栗ごはん
Kuri千葉の栗をいただきました。
すごーく大きなサイズです!
実は生の栗を調理するのは初めて。
早速、半量を栗ごはんに。
汗だくでむいた甲斐があり、おいしかったです。

残りは圧力鍋の圧子に1分でホクホクにしてもらいました。
半分に割ってスプーンですくって食べるとデザートのよう。
モンブランが食べたくなりました。


   

« 食卓の上の小さな幸せ | トップページ | おうち食パンVSお店パン〜完成までのエネルギー〜 »

コメント

夏休み自由研究(?・・・ぷっ・・・笑。)
お疲れ。分かりやすい内容でよかったです。
満開花丸をあげます。ふふっふ・・・。
次回を楽しみにしていますよ。

秋ですね。秋に味覚の栗。良いですね。
私は、大好きです。ようかんやまんじゅうの中に入れても、おいしそう・・・。
私、和菓子が好きなんです。
秋は、ついつい食べちゃうからなぁ・・・。やばいよね。ふふっふ(笑)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/31553497

この記事へのトラックバック一覧です: おうちパンVSお店パン〜基礎データ編〜:

« 食卓の上の小さな幸せ | トップページ | おうち食パンVSお店パン〜完成までのエネルギー〜 »