« おうちパンVSお店パン〜基礎データ編〜 | トップページ | おうち食パンVSお店パン〜結果発表〜 »

おうち食パンVSお店パン〜完成までのエネルギー〜

食パン作りの工程と時間、パン焼き器(ホームベーカリー)の消費エネルギー(単位:Wh(ワットアワー))を表にしました。
焼き器やオーブンの性能によって、また、材料では牛乳と水の割合などにより数値は変動があると思います。消費電力はワットアワーメーターで計測しました。
103

「それで肝心の電気代は?」と
いうところですが、
次回へひっぱります!

ワットアワーメーターを使うと、
電気代はもちろん、小刻みな計測も可能なのでおもしろいです。
このパン作りで消費する全電力は
634Whとなりました。

予熱から焼き上げまでは45分で578Wh。
炊飯器で白米を炊いた時が45分で252Whなので、オーブン機能はエネルギー消費が大きいことがわかります。

この結果、おうち食パンのお値段はいくらになるのか…乞うご期待。

前回の記事に関連することですが、北海道産小麦で作った食パンは、
一番重い時で592gだったのですが、これが外国産だと600gで若干重め。
ふくらみ方は外国産の方が大きいです。
道産小麦はふくらむ力が小さいですが、風味がとてもよいので好きです。

ちなみに、食べる時は2cm〜2.5cmの厚切りか1.5cmくらいの普通切り?にします。
前者なら8枚、後者なら10枚カットできます。
パンをかじった後、その断面がムワッと元に戻るふんわり感は、
おうちパンならでは。この瞬間を見ながら食べるのが好きです…catface

breadいただきものの大きな栗。最後はパンで食べおさめ。
茹でた栗を粗くつぶしてペースト状にしてパンに練り混みました。
つぶつぶ感が伝わりますか?
Kuri2 Kuri1栗の形にもしてみたのですが、
焼き上がると丸い形を失敗したような姿…。
でも中は栗たっぷり!








« おうちパンVSお店パン〜基礎データ編〜 | トップページ | おうち食パンVSお店パン〜結果発表〜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/31624061

この記事へのトラックバック一覧です: おうち食パンVSお店パン〜完成までのエネルギー〜:

« おうちパンVSお店パン〜基礎データ編〜 | トップページ | おうち食パンVSお店パン〜結果発表〜 »