« イタリアの食卓に学ぶ | トップページ | 1000回使える?!フィルター »

地場産素材の手作り2品

ドレッシングがなくなりそうだったので、ドレッシング売場を物色。
和風、中華、ごま、フレンチ、脂肪分●%カット、カロリー控えめ…
ドレを選べばよいのかというほど多種多様。
「特にお気入りのもののないし…あまり減らないし」と思い結局買わず。

ジャムがなくなったので、ジャム売場を物色。
いちご、マーマレード、ブルーベリー、ピーナッツ、黒ごまペースト…
ドレッシング選びより楽しいけれどやっぱり迷う。
「頻繁に使わないのにこの量でこの値段はね〜」と思い結局買わず。

112以前教えてもらったことのあるレシピの「大豆ドレッシング」を。また、以前から本を見て興味津々だった「大豆クリーム」を作りました。

ドレッシングの材料である大豆、砂糖は地場産。酢、塩は国産。そして質のよいオリーブオイル。
クリームは大豆、砂糖、バター、牛乳全て地場産です。

煮大豆と調味料をミキサーにかけるだけの簡単ドレッシングは、豆の細かいつぶつぶ感とマヨネーズよりもさっぱりした口当たりが特徴で、生野菜にも温野菜にも合うすぐ れものです。


クリームは初挑戦でしたが簡単にできました。
こちらは煮大豆をミキサーした後、調味料を入れて煮詰めるだけ。ピーナッツクリームの大豆版ですね。ちょっと香ばしくて、パンに合わせても、和洋菓子作りにもぴったりshine
食べたことがないのでわかりませんが、きなこクリームというものと似ている感じ?

ドレッシングもジャムも100円ショップや安売りで買える時代ですが、
原料原産地が不明なものもたくさんあります。
でも素材にこだわり手作りすれば安心・安全!
大豆は栄養たっぷりで女性には嬉しいヘルシー素材です。
家庭用の分量なら電気代もガス代も微々たるもの。
ビン詰めしながら「これ売れるかも」と密かな野望…
でもマイレシピじゃないのでした!物々交換ならOK?
Soybean

クリーム(左)は三温糖を使用したため
やや濃い色をしています。
大豆クリームパンbreadを作ったら
おいしいはず!ウフフ。

ドレッシングは大豆そのものの色が
出ています。ちなみに大豆の品種は
「ツルムスメ」といい、大ぶりで甘みがあります。













« イタリアの食卓に学ぶ | トップページ | 1000回使える?!フィルター »

コメント

おいしそ~delicious

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/32957623

この記事へのトラックバック一覧です: 地場産素材の手作り2品:

« イタリアの食卓に学ぶ | トップページ | 1000回使える?!フィルター »