« お米のお菓子と節分 | トップページ | てづくりひなまつり »

金メダルごはん

オリンピックはいよいよ後半戦。
メダルはもちろん嬉しいですが、選手が懸命に競技に挑む姿は、テレビで
何度見ても感動的。スポーツっていいな〜と改めて感じます。

そんな中、私のお気に入り金メダル級?ごはんをあげてみました。
オリジナルではないですが、4年ほど前に出会ってからくり返し作っています。
「省エネ調理でラクラク・早い・おいしい」を基本に、
自分なりにアレンジを楽しんでいます。

本にあるメニュー名は「目玉焼きのっけごはん」。
作り方を簡単にご紹介。
1. フライパンでベーコンとほうれん草を炒め、ごはんにのせる。
2. 1のフライパンに卵を割り入れて目玉焼きを作る。
3. 1にのせて、しょうゆをかけてできあがり。

ベーコンのうまみ、とろりとした半熟の黄身としょうゆが白いごはんに
からんでおいしい!ほうれん草が入ることで色合いも栄養もバッチリです。
フライパン一つで数人分作れますし、ワンプレートなので片づけもラクチン!

省エネ調理のため、私はベーコンを入れて卵を割った後
すぐ火を消し、茹でたほうれん草を入れてフタをしておきます。
余熱で簡単に火が通ります。あっという間にできるので、
「ごはんはあるがおかずがない&時間がない&思いつかない」時に便利。
私は朝ごはんに作ります。

223マイアレンジ法として、
ベーコンをハムやウインナーに。
ほうれん草をレタスにしてサラダ風に。
緑のものがない時はごはんの上に海苔をのせてしょうゆをかける(海苔弁風)。
海苔+スライスチーズを重ねてその上に目玉焼き。ごはん・チーズ・しょうゆも合います!
白米を雑穀米にしたり、目玉焼きの代わりにチーズ入りスクランブルエッグにしたり
温泉卵にしたり…。

目玉焼きをごはんにのせるメニューは、
ドライカレーやタコライスなどありますが、
やっぱりこれが好き。

「目玉焼きにしょうゆ」派ではない人は、塩コショウでもソースでも何でもいいと思います。

このメニューの金メダルは卵。ポイントは半熟具合。おいしい卵を使うと美味。
銀メダルは豚肉さん。これもおいしい品を使うと美味。
銅メダルはチーズ。和風の味にも合うため。
ちなみにしょうゆにもこだわると味わいが違います。
かなり自己満足の世界ですcoldsweats01

breadチョコとあんのパン

Chocopan_3 バレンタイン用に作ったパンです。
特に、犬とか何かの形にしたわけではありません。
チョコとあんを包んでバターロールの形にして
顔をかいてみました。
チョコペンを使うのが意外と難しかった!







« お米のお菓子と節分 | トップページ | てづくりひなまつり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/33501147

この記事へのトラックバック一覧です: 金メダルごはん:

« お米のお菓子と節分 | トップページ | てづくりひなまつり »