« ムッキーってすごい | トップページ | 農的暮らしのデザイン〜序章 »

花のいのちは…

昨年、陶芸家の友達が作った一輪ざしを買ってから、
お気に入りの花を食卓テーブルに飾るのが習慣になりました。

花を選んでいる時は、たとえ自宅用でもルンルン気分になるものですね。
誰かへのプレゼントならばルンルン度倍増。
パン屋さんやお菓子屋さんのように、色々な香りや彩りに心癒される、
大好きな空間です。

そんなある日、某スーパーへ行くと普通の価格よりもずっと安い花が
売っていました。一見、高い方とさほど変わらず(そう見えた)、
つぼみもたくさんついているし、というかる〜い気持ちで
その花を買って帰りました。

数日たってみると…店頭で見た時より色がうすくなってきた?
なんだかあまり元気がない?
一週間ほどで首がクタッとなってきました。
別のお店で買った同品種の花は一か月ももったのに。

421jpg 食料品は、多少高くても国産や地場産を選び、表示をチェックして買う。
電気製品は信頼できるメーカーを選ぶ。
何でもかんでも100円ショップで買わない。
などなど、価格に慎重になっている場面がたくさんあるのに、今回の花選びではあっさり安さに負けてしまいました。

私は花事情に詳しくないので、
「安い=長持ちしない」
「高い=長持ち」という
単純な話ではないかもしれません。
でもこのお店のようなことも、
なきにしもあらずなのです。

何より、友達が作った素敵な花器に
安い花…あぁ失敬!!

Hana2_2
首がクタッとなった花。
捨てるのが惜しくて首だけ残してみました。
意外にも長持ちしています。

花のいのちは小さいけれど、
そのいのちをムダにしないよう、
責任持って購入&育てる。
これもエコの心得!




« ムッキーってすごい | トップページ | 農的暮らしのデザイン〜序章 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/34320412

この記事へのトラックバック一覧です: 花のいのちは…:

« ムッキーってすごい | トップページ | 農的暮らしのデザイン〜序章 »