« 堆肥で元気な土づくりを | トップページ | 「田 植え子」になる »

入学式から居残り

お天気に恵まれた週末、農業小学校第一日目「入学式」へ行ってきました。
初日は基本の作業で内容もりだくさん…
なのはどうやら私たちだけ?!
みなさん経験者でテキパキ作業をこなす中、ブランクのある私たちは
たびたび先生に教わりながら作業しました。
Img200まずうね作りからスタート。
「かまぼこ形」にするのがポイント
ですが、先生曰く
「最近の中学生にかまぼこ形って言ってもわからないみたい」
それはかまぼこを知らないってこと…?

14のうねを完成させ、次は作付け計画に基づいて楽しい種まき&苗の移植。
苗作りに時間を要するものは、
先生が事前に育ててくれた苗があるのでそれらを購入。
素人にはこの方が安心です。

bud大きなトマト、ミニトマト、ピーマン、パプリカ、かぼちゃです。

515nae_2←こちらはポットに種まきしたレタス、キャベツ、バジル、しそ、
枝豆、とうきびたち。

カブ、ニンジン、大根は直播きしました。
元気な芽がでてきますように!


今回定植したのはミニトマトとピーマン、パプリカ。
これらの根元をわらでマルチング(雑草抑制や土の温度や湿度を適度に保つため)します。
します。支柱を使ってトンネルを作り、その上から不織布という薄手の布で覆います。
苗がしっかり根付くまで寒さや風から守ります。ビニールでもできます。
布の端は土を乗せて重し代わりとします。

直播きしたうねには同じくこの布をかけますが、こちらはべたがけです。
軽いので芽が出てきてもつぶれる心配はありません。
破れてしまわない限り再利用できるので便利です。
515une
授業は10時から15時までで、
午後は各々のペースで進めて自由解散なのですが、
私たちはなんだかんだで1時間オーバー。
初日から早速居残りでしたcoldsweats01

←一区画10坪(幅2m×奥行16m)。
14うねができた畑全体風景です。
各畑には名前をつけて看板を立てます。

命名「豆 煮え子な畑」
です。看板作りは入学式までの宿題だったのですが、
誰一人としてやってきていませんでした。おお〜優秀!

一番手前の黒ビニールシートの部分には全員共通の作物を植えます。
次回乞うご期待!




 




« 堆肥で元気な土づくりを | トップページ | 「田 植え子」になる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/34736947

この記事へのトラックバック一覧です: 入学式から居残り:

« 堆肥で元気な土づくりを | トップページ | 「田 植え子」になる »