« お皿の上のアート | トップページ | 期待以上の出来栄え »

ヘタではなく上手に…

今年の畑ではピーマンが大収穫できました。
一度に大量に切ったり調理したり。
でも意外とヘタと種取りに時間がかかり、早くできる方法はないかと試行錯誤。

半分に切って取る方法は普通。でも半分ずつ取っていると時間がかかる…。
丸いまま頭を切るとヘタ以外の部分も取れてしまってもったいない。
小さな包丁でヘタの部分だけぐるりと切る。一番きれいに取れますが、
ちょっと手がすべると身まで切れてしまう。

そんな時、家事のウラワザ本にグッドアイデアが載っていたので
さっそく試してみました。

108_2
使うものは包丁ではなく、
ドリンクの「フタ」です。
ペットボトルではなく、栄養ドリンクのような金属のフタです。

方法はイラストのとおりで、
まずフタをヘタの上にグリグリと
回しながら差し込みます。

フタがスポッとはまったら、
また少しグリグリして、そのまま
ゆっくり引き抜きます。

すると、ヘタと種が一緒に、
きれ〜いにくっついて取れます。
ブラボー!!

ムダに身が切れてしまうこともなく、半分に切ってから種を取るより効率的です。 
Pi2
←このようにフタをグリグリ〜。

フタの下の部分で手を切らないよう注意しましょう。

慣れると「グリグリ」の技術が向上します。




Pi1
こんな感じでまるーく取れます。

包丁使いがヘタでも

ヘタがきれいに、ジョーズに取れますよ!














« お皿の上のアート | トップページ | 期待以上の出来栄え »

コメント

へーこんなに綺麗にとれるんだねflair
方法は知ってたけど実践したことなかったな。
参考になったよ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/37135615

この記事へのトラックバック一覧です: ヘタではなく上手に…:

« お皿の上のアート | トップページ | 期待以上の出来栄え »