« おいしい秋到来! | トップページ | ヘタではなく上手に… »

お皿の上のアート

今日から10月。月が二ケタになると今年もあっという間という気がします。

そろそろ始まる紅葉は絵にも書けない美しさですよね。
そんな美しさをお皿の上にも発見しました。

「地産地消」が様々な形で広がっている昨今。
直売所、食のイベントなどなど…ありますが、
最近の私のお気に入りはファームレストランです。

以前住んでいた町には牧場に隣接するレストランがありました。
地元の海鮮や野菜・果物を使ったお食事やケーキがおいしく、
アットホームなお店でした。

ファームレストランというくらいですから、都心から離れた遠い場所に
あるのが普通ですが、農村風景の中のドライブが心地よいのです。
近頃新たなお店がぞくぞくオープンしていて、どこへ行こうか迷ってしまうほど。

101
最近訪れたお店のメニューに
「野菜のパレット」というものが
ありました。

真っ白なお皿に穫れたての地場野菜
がたっぷり。彩りよく、バランス良く並べられていて、ドレッシングがキラキラと輝いていました。

これぞ野菜アート(?)!!

こういうものを見ると「このお皿ほしい!」「こんなふうに盛り付けすればいいのね!」とすぐ感化されるのですが、実際家で白いお皿に盛ってみてもなんだか違う…。
やっぱり技術がともなっていないから仕方がないんですね〜。

Imoそこで!
直売所で買った有機のベビーリーフ、
畑で収穫したニンジンとパプリカ、
じゃがいもを使って
なんちゃって野菜プレートを作ってみました。

うーーん。
これはこれでおいしかったですが、
盛り付けにセンスがない。
野菜の切り方にセンスがない。
料理のテストだったら即落っこちそう。
紙に絵を描くのとは違うセンスが必要なのだと痛感。
もっと修行したいと思います。



















« おいしい秋到来! | トップページ | ヘタではなく上手に… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/37023827

この記事へのトラックバック一覧です: お皿の上のアート:

« おいしい秋到来! | トップページ | ヘタではなく上手に… »