« 輝く栄養士さん〜おうちで給食編〜 | トップページ | 冷える足に »

自分の体を見つめなおす

一昨日より、東京からお客さまが来ていました。
初対面である有紀さんは、タイ式マッサージやヨガ、マクロビ食(後述)などを通じて
心や体を癒すという教室や講座を開いています。

岩盤浴やホットヨガ、骨盤矯正などで体をほぐしたりゆっくり動かしたり…
こうしたマッサージサロンがあちこちにあって、体も心も疲れている人が
たくさんいるのだな〜と実感します。

私は昔から冷え性で、ちまちました作業をするせいか体がゴチゴチ。
有紀さんは、私の体に少し触れただけで原因や改善法を見いだしてくれました。
さすがです。ハンドパワーですpaper

さて、先に書いた「マクロビ食」ですが、
正式には「マクロビオティック(macrobiotic)」でギリシャ語を語源とし、
マクロ(大きな)ビオティック(生命術)を意味します。
大きな視野で生命をみること…なんだかスケールの大きい話?でもないのです。
基本は玄米を主食とし、肉、魚、卵、乳製品、砂糖を控えた野菜中心の食事です。
「ベジタリアン」という響きは好きではありませんが、そういう見方よりも
日本の昔ながらの家庭料理と考えてください。

そして食べものには「陰と陽」つまり「体を温める・冷やす」食材に分けられます。
旬のものを、その土地でとれたものをうまく組み合わせて調理し、
上手に体に取り入れる方法がマクロビです。

「肉や卵を使わなくてもこんなにおいしいんだ!」と感動する反面、
「急にそんな方法に変えられない…」という現実もありますよね。
私は何でも食べるのでマクロビ生活ではありませんが、マクロビレストランに
行くと意外な料理や味と出会えますし、昔、玄米の力で体調を克服したことが
あるのでマクロビパワーを信じています。

1118
有紀さんと一緒に行ったマクロビ
レストラン。
肉の代わりに雑穀やナッツを使用したりと、工夫をこらしたメニューでした。

味付けも日本ならではの味噌や
しょうゆ、だし風味。
ドレッシングも市販とは違う、
日本人になじみやすいやさしい味。

よくかんで食べるものが多いので、
消化吸収にもいいですし、早食いも
避けられ、会話も弾みます。



よく「栄養バランスを」と言いますが「体のバランス」という言葉も
とても大切だと思うのです。

「自分の体をきちんとつくっていくためには」と考えれば、自然と食べるものや調理法を
選択し、取り入れてことができると思います。
前回の佐々木さんのお話にも通じるところがありますね。

« 輝く栄養士さん〜おうちで給食編〜 | トップページ | 冷える足に »

コメント

YUKIさん
こちらこそありがとうございました。
またいろいろなマクロビレストラン行きましょう!
冷え性は相変わらずですが自分流の温まる方法を模索中です。

今日は!YUKIです。
この前は念願の初体面を果たせて、本当に嬉しかったです。
マクロビレストラン、美味しかったですね~。
早速書いていただきありがとうございます。

あれ以来、冷え症はいかがでしょうか?
また、ゆるゆるなマッサージを受けて頂きたいです。

絶対にまた会いましょうね!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068319/37718765

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の体を見つめなおす:

« 輝く栄養士さん〜おうちで給食編〜 | トップページ | 冷える足に »