« 名前をつけようかな… | トップページ | いちごのタルト再登場 »

南極料理人に学ぶ

「南極料理人」をご存知ですか?

映画が公開された時、友人に誘われて観に行きました。
その時はそれほど思い入れはなかったのですが、後日原作本
「面白南極料理人」を読み、作者&料理人の西村淳さんが気になりはじめました。
映画では堺 雅人さんが西村さん役でしたが、実際にテレビで見た
西村さんは、いい意味で(?)イメージがくずれました。

最近は全国局でもローカル局でも料理を披露していて、
新聞にも大きく紹介されるなど、注目度が高まっているようです。

「南極での調理は大変なことがいっぱいあるんだな~」と単純に思っていましたが、
西村さんの「ムダのない、ゴミを出さない料理」の工夫を
見ると目からウロコ!これこそ究極のエコクッキングですshine

307

先日の番組では、
おでんが何度も別の料理に変身し、最終的にコロッケに。

からあげが最後の最後でお好み焼きになるまでを披露。
主婦も顔負けのアイデア満載でした。

分量がいつも
「適量」としか書かれていないのが
いいかんじです。

普段、残りものはお弁当にそのまま入れたり、工夫してもワンパターンな変身どまり。
もっと大胆な発想が必要なのだと思いました。
とりあえず、モノマネでおでんとからあげの七変化に挑戦してみたいです。

cherryblossomひなまつり
桜餅&うぐいす餅を作りました。

Sakura

Uguisu

毎年、お店に並ぶお餅に惹かれつつ、でもやっぱり手作りしようとがんばりました。

« 名前をつけようかな… | トップページ | いちごのタルト再登場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名前をつけようかな… | トップページ | いちごのタルト再登場 »