☆電化製品編

あたふたIHクッキング

64.71。
何の数字でしょう?
フィギュアスケートSPの得点ではありませんよ。

先日、IH(電磁調理器)を使ったパン教室へ参加しました。
わが家はガスコンロなのでIHに触れる機会は少なく、
数回、料理教室などで使った程度です。

ボタン操作や目に見えない炎?に戸惑う初心者マークの
生徒たち。あれこれ何だかんだ言いながらも楽しくパン作りを終えました。

全員で試食していると、スタッフの方が画面に何やら映し出しました。
それが先ほどの数字です。
なんと、グループごとの電気使用量&料金の結果が出ていたのでした。
グループは4つに分かれており、1グループ6人。
もちろん6人分を一度に作りました。

326_5 なぜだか私たちのグループが一番数値が高かった!
トータルの使用時間ははっきりわからないですが、みんな同じレシピで同じメニューを作っていたのですから、
手際の差というべきなのか…!?
電気代64.71円、2.18kwhという結果。
一番使用量が少ないグループとは、
電気代10.5円、使用量0.37kwhの差がありました。
顕著だったのはIHヒーターのみ(オーブン使用以外)の使用量。
群を抜いていました!他の3グループは10円代なのに私たちだけ20円代…。
また、オーブンが全体の半分以上を占めている!パン教室ですから当然ですが、数字で見るとより実感できます。

画面を見ながら「あの時ずっとつけっぱなしにしてたから?」とか
「あの時ちょっと時間かけすぎたかも」など思い当たるところも…。
「一人10円だね」と言いながら、焼き立てパンを堪能しました。

Melon炎が見える安心感や微妙なつまみ調整に慣れていることもあり、
ガスの方が使いやすいな〜と思いつつ。
次回はガス使用の料理教室へ行って比べられたらと思います。

breadメニュー
オニオンベーグルサンドと
ほたてと白菜のポタージュ、
抹茶メロンパン
フルーツのデザート&コーヒーでした。

写真は抹茶メロンパン。
表面のカリッと感が味わえるのは
焼き立てならでは。
表面が黄緑色なので見かけはまさにメロンでした。




ニ代目省エネラジオ殿

昨年8月13日の記事に登場した「省エネラジオ」。
ハンドルを手回しして充電する電池いらずの省エネラジオ(非常用)を愛用中でしたが、
実はちょうど昨年の今時期から「普通のラジオ」と化していました。

現在、スポーツ界で白熱しているプロ野球日本シリーズ。
昨年も途中でテレビ中継が終わると、続きをラジオで聴いていたのですが、
早く聴きたい、長く聴きたい!と思えば思うほどすごい早さと力でハンドルを回します。
「いつかやりそうだな」なんて思っていた日が、思いのほか早くやってきました。

「ボキッ!」

犯人は、非力な私ではありません。

接着剤とビニールテープでの修復も空しく…。
それからは電池を入れて聴いていました。

そんなこんなで省エネではなくなっていたラジオくん。
このほど二代目が就任。今度はスリムで見た目もかっこいい!

112_2 これまでと同様、非常用なので手回しでラジオが聴け、ライトもつきます。
一分間回すとラジオは60分聴けるらしいです。
音もクリアになりました。
携帯電話の充電は一分間回せば連続待ち受け90分。もちろん普通のラジオとしても使えます。
さらに防水。非常用のホイッスル付き。素敵!

緊急時に真っ先に「ハンドルを回す」という行動がとれるのか想像つきませんが…
暮らしのお供がラジオの私には、やはり経済的なこの手回しラジオが一番。
ハンドルも以前より丈夫そうですし、
今度は大丈夫かな?
聴いては回し、聴いては回し…
この地味な作業が好きです。
Radio
手前が新規就任ラジオ殿です。
一代目は右横のおしりの部分にハンドルが
ついていました。
二代目のハンドルは正面についていて、
回す時に起こして、使わない時は
コンパクトに収納できるのです。








ギリギリまで消灯

日に日に日が(日の連続)短くなってきましたね。
早々とカーテンを閉めて電気をつけて…。
特に天気の悪い日はより暗く感じます。

この時期になると、ギリギリまでリビングの照明はつけないようにします。
独立キッチンのため、食事の準備中はキッチンの照明だけでOK。
その間、だ〜れもいないリビングの大きな照明をつけっぱなしにする必要はないからです。
カーテンを閉める頃になったら「厨房」に入り(ちょっとカッコイイ?!)、
リビングのスイッチはOFFのまま。
ある程度手が離せる調理段階になったらリビングに移動しスイッチON。
テーブルセッティング開始です。

1020_2 以前住んでいた家は、
リビングとキッチン一体型。
朝と昼はキッチンの照明をつけずにすんだのでこれはこれでよかったのですが、
夜、両方まっ暗だと何もできません。

また、対面キッチンでもできないことはないと思いますが、目の前のリビングがまっ暗だと悲劇のヒロインの画(?)のように、
自分の影が際立ちなんとなく怖〜い。

独立キッチンは、一年中、朝も昼も照明をつける必要があるので、どこかで少しでも節電できればという思いを込めてのケチケチ術です!

30分程度のささやかな節電ですが、これからの長い冬に向け、
気づいたところからちょこっと省エネ。これが大事なのです。

おうち食パンVSお店パン〜結果発表〜

おうち食パンはお得か?結果は以下のとおりです!

材料費は各メーカーにより価格や内容量が異なるので、この数字が必ずしも正確ではないですが、私が日頃使っているもので概算し、約176円としました。
Pan3_2
電気代の合計はわずか15円。
パン焼器にたよらず、手ごねだったら
もっとお安くなるはず!
粉量が多いので手ごねは体力勝負?

これに材料費を加算して合計191円。
大量生産の某メーカーにはかないませんが味は勝りますし、道産・国産素材にこだわりながらこの数字はかなりお得!おうちならではですshine

パン屋さんで売られているパンの中にも添加物が使用されているものもあります。そうした心配がないのもおうちならでは!某メーカーやパン屋さんを悪く言うつもりはありませんが、手作りは味も香りもバツグンです。
焼き上げまで途中手作業がありますが、この程度の手間は惜しみません。
部屋中に広がるパンの香りを独り占めできるのは幸せ〜。これだけでもお得感ありです。

パン焼器に全ておまかせすると4時間待てば完成しますが、個人的には、時間が長いこと、キメの粗さがやや気になるので途中から手作業ですが、朝焼きたてを食べたい時やちょっと出かけたい時も見張っている必要がないのでラクチンですね。

気づけば「全てパン焼器まかせ」の場合の実験をしていませんでした。これも比較してみたいと思います。
おうち食パン。毎日は大変だと思いますが、週に一度でも、月に数回でも挑戦して、
自分だけのオリジナルおうち食パンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

おうち食パンVSお店パン〜完成までのエネルギー〜

食パン作りの工程と時間、パン焼き器(ホームベーカリー)の消費エネルギー(単位:Wh(ワットアワー))を表にしました。
焼き器やオーブンの性能によって、また、材料では牛乳と水の割合などにより数値は変動があると思います。消費電力はワットアワーメーターで計測しました。
103

「それで肝心の電気代は?」と
いうところですが、
次回へひっぱります!

ワットアワーメーターを使うと、
電気代はもちろん、小刻みな計測も可能なのでおもしろいです。
このパン作りで消費する全電力は
634Whとなりました。

予熱から焼き上げまでは45分で578Wh。
炊飯器で白米を炊いた時が45分で252Whなので、オーブン機能はエネルギー消費が大きいことがわかります。

この結果、おうち食パンのお値段はいくらになるのか…乞うご期待。

前回の記事に関連することですが、北海道産小麦で作った食パンは、
一番重い時で592gだったのですが、これが外国産だと600gで若干重め。
ふくらみ方は外国産の方が大きいです。
道産小麦はふくらむ力が小さいですが、風味がとてもよいので好きです。

ちなみに、食べる時は2cm〜2.5cmの厚切りか1.5cmくらいの普通切り?にします。
前者なら8枚、後者なら10枚カットできます。
パンをかじった後、その断面がムワッと元に戻るふんわり感は、
おうちパンならでは。この瞬間を見ながら食べるのが好きです…catface

breadいただきものの大きな栗。最後はパンで食べおさめ。
茹でた栗を粗くつぶしてペースト状にしてパンに練り混みました。
つぶつぶ感が伝わりますか?
Kuri2 Kuri1栗の形にもしてみたのですが、
焼き上がると丸い形を失敗したような姿…。
でも中は栗たっぷり!








おうちパンVSお店パン〜基礎データ編〜

かなり長い休みでした…。
夏休みの(?)自由研究テーマだった「自家製パンはお得?」ですが、
このあたりでまとめたいと思います。

一気に結果発表はいたしません。ひっぱりますよ〜!
まずは食パン基礎データ表をご覧下さい。

「パン店」とは、店内に独立してある「パン屋さん」。
「某メーカーパン」はレジで買う普通のメーカー食パンです。

たいてい袋入り1斤で販売されているのでこれを基準に。
ご覧のとおり、同じ1斤でも重さも価格もいろいろです。
当たり前といえば当たり前ですが、こうして比較してみたことがないので
ほぉ〜という感じです。

928pan1_3





















素材にこだわりのあるパンは価格に反映されるようですね。
北海道産小麦使用のもの、5番目の1.5斤食パンはたぶん粉は国産ではないですが、
製法にこだわりがあるためいいお値段です。
たまたま研究用に選ばれたメーカー食パン。なぜこんなに安いのでしょう。
考えてみることは大事です。

重さの横にあるカッコ内の数字は、仮に1.5斤の場合の重さです。
(深く追及しないでね。数字はニガテ…計算間違いはごめんなさい)
価格横のカッコは同様に、1.5斤だったとしたらのおおよその価格です。

私が愛用している粉は北海道産小麦「ハルユタカ」
工程は「こね」から一次発酵までホームベーカリー(象印。国産小麦対応機種)。
その後は手作業です

おうちパンはお店パンといいセンいっていると思います。
極端に重すぎず、軽すぎず。
ちなみに、手ごねで1斤作った時の重さは386gでした。一番ずっしり?
同じ工程でも、外国産小麦で作ると重さが変わります。
それらを含め、次回はおうちパンづくりの結果データです。

maple栗ごはん
Kuri千葉の栗をいただきました。
すごーく大きなサイズです!
実は生の栗を調理するのは初めて。
早速、半量を栗ごはんに。
汗だくでむいた甲斐があり、おいしかったです。

残りは圧力鍋の圧子に1分でホクホクにしてもらいました。
半分に割ってスプーンですくって食べるとデザートのよう。
モンブランが食べたくなりました。


   

がんばれ重曹ちゃん

夏は洗濯の回数が増えますね。
きれいになった服を、お天気の日に干すとスッキリします。

ですが、少し前までカビルンルンに悩まされていました。
洗濯槽の汚れのせいか、何度洗っても服に木っ端のようなルンルン(←カビと言いたくないcoldsweats01がついてしまうのです。

「酢を入れて洗濯機を回す」掃除法を、オットが何度も試行錯誤しつつ
試してみましたがよくならず…。

そんなある日、ラジオで「重曹を使う」方法を聴きました。
洗剤はなるべく環境にやさしいものを使うようにしていますが、
だからといって入れ過ぎはよくない。
「重曹は環境にも体にもやさしく、且つ服も洗濯槽もきれいにしてくれて
一石二鳥」とのことで、洗剤半分+重曹適量で回してみました。

814ルンルンは、すぐにはいなくなってくれませんでしたが、しばらく続けているとある日突然消えました!根気良く続けた甲斐あり?

それ以来、洗剤と重曹の二刀流です。
洗剤が節約できますし、重曹は洗剤より安く、使用量も少なめなのでお得moneybag

ルンルン撲滅のためには、洗濯槽をこまめに掃除することが大切なのですね。
特に湿度の高い地域にお住まいの方は、気をつけた方がよいそうです。
でも、ハイテクな洗濯機なら発生しないのでしょうか〜?
単に日頃のお掃除不足だったのかしら…。


公共の場のテレビ

現在通っている職場は「エコ」を推進しているようです。

建物自体古く、もちろんクーラーはありません。
トイレは窓全開。
先日は空調が壊れ、扇風機を回し、扉を開けて必死の送風。
そのような状況なので
「服装と水分補給で体調管理してください」とのこと。
外は気温が低くても、室内ではクールビズ&水筒片手に仕事です。

715 食堂のテレビは、昼食時は観ている人は多いですが、途中の休憩時間は人数が少ないため、テレビや照明はOFF。
これはよいことだと思います。

この間の休憩時間、
私ともう一人しかいない状況に。
野球中継だったので観ていましたが、
その人が去った後、
「消すか…観るか…私一人のためにもったいない?」と葛藤していたら人が入ってきたのでそのままにしましたが、特に観ていない様子でした。

土曜は古めかしいドラマが流れていました。
どうみても、誰も観ていないってば!
でも、自分のテレビではないのでここでリモコン操作するのは…勇気がない。

テレビのつけっぱなしは、家庭よりもこうした公共の場の方が
案外多いような気がします。
家庭内だけでもぜひ気をつけたいものです。

省エネ家電推進?

今年度の追加経済対策に、省エネ家電普及が盛り込まれたと今朝の新聞。
省エネ家電、ハイブリッドカーなどなど、省エネ対応に切り替えたいと思っても
簡単にはできないもの。こういう時に限って長持ちしたり…。

規格外もろもろの新居ですが、嬉しいことに備え付けだった新品のガスコンロ。
今話題のガラストップではありませんが、省エネ仕様でした。

省エネ基準達成率101%。エネルギー消費効率57%。
この数値の説明はできませんが、
今まで使っていたコンロとは火力が違います。
407 このコンロの特徴の一つが、
炎が横にはみださないよう鍋底に集中的に当たるように設計されていて、周り(壁など)が熱くならないようになっていること。

圧力鍋は圧がかかるまで強火にしますが、今まではちょっぴ〜りはみだしつつ強火、もしくははみ出さないよう中火にしていましたが、中火だと圧がかかるまで結構時間がかかるのです。

でもこのコンロだとあっという間に圧がかかり、これまでも短時間だった圧子での調理がさらにスピーディーに。その他の調理器具でも短くなった気がします。
今月のガス代に注目したいと思います。

家電の買い替えを検討されている方は省エネ仕様を選んでみてはいかがでしょうか。
従来のものと比較するとおもしろいと思いますし、使い勝手もよいはずです。

P1020913_1

栗のパンを作りました。
お天気のよい日はよく発酵します。

でも春なのになぜ栗??
次は旬のいちごを使って
作ってみたいと思います。

夕刻の買い物

冬至が過ぎ、日が少しずつ長くなってきましたが、それでもまだ日の出は遅く、
日没が早いこの時期。冬になると、買い物へ行く時間帯を主に夕方にしています。

天気のよい暖かな日はストーブを消し、室内に差し込む暖かい日差しを利用して家事などを。
そして、そろそろ部屋の電気やストーブをつける頃に買い物へ行きます。
節電になると思えば、時間をかけてゆっくり買い物ができます。

114_4 たとえば、現在の私の生活環境のように「それなりに時間の自由がきく」「車が使える」「夕食支度の時間が遅め」「小さな子どもがいない」などの場合は可能な方法です。
ですが、「夕方が一番忙しい!」「お店が遠い」「歩かなければならない」など、夕方に外出できない方もいるはず。
必ずしもこのアイデアがグッドとは言えませんが、何かと電気代のかさむ冬期の
ちょっとした私流省エネです。

もちろん、気持ちのよい天気の日は朝からでかけたくなりますし、そうすることもあります。
朝一番であれが買いたい!という時もあります。
自分の生活スタイルやお天気、お買い物情報(?)に合わせてちょこっと工夫してみるのもよいかなと思います。

でも冬はやはり「早寝」が、電気代を節約する大きなポイントかも?と思う今日この頃です。

eye紫さつまいもP1020746_1

沖縄へ行った時、紅いもを使った料理や
お菓子がたくさんあり、色の美しさ、
おいしさに感動しました。

少し似ているなぁと思い、
初めて紫さつまいもを購入。
本当にきれいな紫色で甘い!
写真は、チーズ入りコロッケです。
これで栗きんとんを作ったら紫のきんとんに
なってちょっと新しいかも?