☆ゴミのこと編

たのしく分け分け

資源ゴミを細かく分けていると、ゴミ箱や袋の数が増えて置き場に困ってしまいます。
わが家はキッチンスペースが小さいのでゴミ箱は増やせないため、いっぱいになる前に
こまめに回収に出します。

回収と引き換えに粗品をもらえたり、
ポイントがついたりするサービスは多いですよね。
某宅配サービスでは、回収するごとに一円還元されて、
買い物金額から一円マイナス、という特典があります。
「たった一円」と思うなかれ。ちりも積もればナントカで、
些細な金額でも主婦はうれしいものです。
また、新聞紙をしばるひもが「紙ひも」限定。
いつもビニールひもを使っていたので買いに行かねばなりませんでしたが、
ひももリサイクルされるのかなと思えばこちらの方がよいのかも。

917 新聞、チラシ、雑誌、牛乳パック、ダンボール、トレイなどをまとめている時、ひもでシュルッとしばって回収に出す時、気持ちがよいです。
たまったものが出ていって…トイレのようにスッキリ!今日もたのしくリサイクル!てな感じです。
表現がお上品でなくてすみませんcoldsweats01

資源ゴミ分別用のゴミ箱が設置されているお店もあるので、買い物ついでに持っていくのもgood。

時々、ダンボールをたたまずにゴミステーションに置かれているのを見かけます。無料で回収してもらっているのに…これでは回収する人が大変。マナーは守りましょう!ですね。

ダイエットに挑戦

自分、ではなく生ゴミです!

「生ゴミは水気をきって、乾燥させてから」
「乾燥させるとカサが減ってゴミのダイエットに」

ゴミ有料化のまちではこうした呼びかけがされていますね。
ずーっと前からわかっていましたし、
コーヒーや紅茶かす、りんごやみかんの皮など、
わりと香りのよいもの(?)は室内で乾燥させていましたが、
「生ゴミすべてを乾燥させるのは面倒…干す場所もないし…
においが気になる…」と、消極的。
コンポストにしたくても畑はないし、生ゴミ処理機は高い!

904この夏、スイカ、メロン、とうもろこし、枝豆など、「生ゴミ出る出る!」ものををたくさんいただきました。さすがにこの量をゴミ箱に入れるのは無理なので、チラシのゴミ入れを作って、ベランダ乾燥させてみました。

日差しが弱くても風があれば効果アリで、
思いのほかカラカラになってくれてダイエット成功!これを新聞などに包んで捨てればにおいも気になりません。やってみるものですね。
スイカやメロンは、ある程度残りの汁を絞った方がよいです。

これから果物や野菜がますますおいしい季節。
ゴミ以上に自分も肥えてしまいそうcoldsweats01
どちらもスリムでありたいと思います。

breadコーンパン
とうもろこしが20本くらい手に入りました。
そのままガブリ、サラダ、コロッケ、スープ、ピラフなどなど、
あらゆるバリエーションで食べまくり!パンにもいっぱいつめて焼きました。
Corn1Corn2





プラごみコンパクト化

レジ袋の有料化後は、ためておいたレジ袋も節約せねばと、
使い回しをしたり、無料のゴミでも捨てる回数を減らす努力をしています。

無料ゴミの一つであるプラスチックごみを、どこまで小さくできるか
一人奮闘していることがあります。

野菜や食品、お菓子などが入っているプラチックのパッケージを、
もうこれ以上たためないところまで小さくする。
折る方向、折る幅…色々試してみると
結構小さくなりますよ!
また、わりと大きい…例えば、洗剤やシャンプーの詰め替え用の
パッケージなどは結構たたむのが難しいですが、
極限まで小さくした後、テープで止めればOK。後戻りがありません。

827 たまごパックやプチトマトが入っているようなプラ容器はハサミで細かくしますが、切り口が鋭利なため、そのまま無造作に捨てると
袋に穴が開いてしまうことも。
そうならないように、切り口は袋の中で内側に向くように、また、それらを他のプラごみで囲んでガードする、なんて工夫もしています。

工夫次第で、プラスチックごみもだいぶカサが減ります。
プラごみは見た目ふんわりしているので
「もういっぱいになった」と思ってしまいますが、ぎゅ〜っと押してみるとまだまだ入ります。
そんなこんなで、ごみ袋を節約なのだ!

ゴミはスリムに

ゴミ袋が有料だと、自然とゴミの減量に力が入ります。
実家にいた頃はそれほど分別は厳しくなかったので、週2回ある燃えるゴミの日に
きっちり2回出していました。
それが、住む地域が変わり、ゴミの分別も細かくなりました。

燃えるゴミよりもかさ張るのがプラスチックゴミ。
いかにプラスチックに包まれた製品が多いかよくわかります。
生鮮食品や加工品、日用品などの多くが透明なプラスチックに包装されています。
野菜や魚はバラ売りのものがある時は買うようにしていますが、
包装されているものを買ってしまったものは仕方ないので、その後の処理を工夫。

プラ袋は小さく小さく折って結んで捨てる。
果物が入っているパックなどははさみでジョキジョキ切って捨てる。
「これでもか!」というくらいに詰め、限界までゴミ出ししないようにしています。

822こんなことをしているのは私だけ?と思いきや、まわりの奥様にも同じようなことを
していることを知って少し安心?!

燃えるゴミでは生ゴミが難点。野菜はムダがでないような切り方に。
皮はうすめにむく。皮は水分を含んだまま捨てるより、少しの間乾燥させるとカサが減り、
重さも減ります。

そんなこんなの努力(?)で、燃えるゴミ出しは2週間に一回ペースが基本。
袋のサイズは最小の10L。プラゴミは大きめの袋なので一か月以上もちます。
ゴミの日は、ゴミ収集車が来る直前まで詰め込み、すべりこみセーフで完了!「スッキリ!」と思って家に入り、ある部屋のゴミ箱のゴミを入れを忘れに気付いた時はなんとなくソンした気分になります…。

Pizza

いただきもののナス、トマト、ブルーチーズで作ったピザです。
何もない時は本当に何もないのに、ある日何かをもらうと
たて続けにいろいろな物をもらったり届いたり。
今、冷蔵庫の中はいただきものだらけ。幸せ〜です。
どれもムダにしないように使うぞ!