■畑の学校レポート

期待以上の出来栄え

Hatake畑の学校の授業も残すところあと一回となりました。文化の日には修了式を行います。

先日、これまで作ったことのない作物を収穫しました。
Imo1

じゃーーーん!

サツマイモです。

こんなふうに 埋まっているのですね。

この地でサツマイモは育たないと思い込んでいましたが、

ちゃんとできていました。

鮮やかな赤紫色に感動shine


Imo2サツマイモは各畑で3株ずつ植え、最後にコンテストをするという企画でした。
3株のうち、最も重い株&最も重いイモの重量を比較します。
結果はその時点ではわかりませんでした。

私たちが収穫したのは6本。全部で4kg近くありました。
一番左のイモにご注目。

Imo3

見づらいですが、

左のイモ。なんと一本1.4kg!!

引き抜く瞬間「あれ〜一本だけ?」と思いきやこのサイズ。

大根を引き抜くより力がいりました。


この巨大サツマイモは圧力鍋で一気にやわらかくしてつぶし、
サツマイモあん、サツマイモもち、コロッケ用、モンブラン用ペーストに。
一本からこれだけ作れるのはすごい。
他にも天ぷら、大学イモ、スイートポテト…楽しみが広がります。

Tomato
いつもみんなでお昼ごはんを食べるているビニールハウスの中に
ミニトマトが吊るしてありました。
ドライトマトにするのかな。
今年はたくさん摘み取らせていただきました。

あと収穫できるものは大根とハクサイのみ。

春大根に比べるとほっそりしている様子ですが、
最後の最後まで、畑の恵みを堪能したいと思います。
































食べ比べ大会

第9回畑の学校は、校長先生多忙につき自習でした。
草取りと追肥、収穫をサクッとすませました。じゃがいも掘りもしました。

906yasai今回の収穫にはラディッシュが加わりました。

そしてピーマンが30個くらい!鈴なりでした。

ピーマンは主役級の野菜ではないだけに、
毎度毎度どんな料理にしようか悩みます。
でも和洋中問わず使える優れ野菜でもあるので
頑張っておいしくいただこうと思います。

バジルの葉もたくさん穫れたので
バジルペーストを作りました。
パスタやパン、ニョッキなどに使えるバジルペースト。
簡単かつ冷凍できるので大量に作ると便利です。



わが家ではよく「利き●●」をするのですが、今はやっぱり「利き野菜」。
906
私たちが作ったトマトはヘタの部分に稲妻のような割れ目ができていて、頭の部分が緑色。
大きさはまちまち。
これに対し、校長先生がハウスで育トマトは形も色もとてもきれい。

いざ利きトマトをしてみると、
見た目は悪くても意外とおいしい。
でも先生のトマトは味も実もしまっていて、比べるとはっきりわかるのでした…。

この他、いも食べ比べなども楽しいです。色や食感、くずれ具合が品種によって違うんですね〜。もっと大勢でワイワイとやってみたいなァ。

906pasta
clover8月31日は「やさいの日」でしたが、
みなさんは何か野菜を食べましたか?
私は野菜オムレツを作りました。

←こちらはレシピ本を参考に作った
ピーマンとパプリカ入りのパスタ。
ピーマンがたっぷり使えるレシピの一つです。














秋の収穫へむけて

Hatake今回でとうもろこしを完全に撤去し、枝豆も収穫終了となりました。
とうもろこしは倒れた影響で、実の入りが悪いものもありましたがよく穫れて
今年は買わずにすみました。

828yasai_2赤・黄色とも色付いたパプリカ。美しいshine
ピーマン、ナス、トマト、
どれと比較しても一番大きいです。
ずっしり重い!
料理に彩りを添えてくれるでしょう。

↓こちら「坊っちゃんかぼちゃ」です。
とりあえず2個収穫。
「(食べるのは)10日我慢してね」と言われたので
もう数日、ガマン。
828yasai2









828最近は草取り作業も減り、
追肥や秋に向けての種まきなど、
こまめな作業を継続中。

秋まき大根の畝は、虫よけに効果のある「よもぎ」でマルチ。

かぼちゃは一部「うどんこ病」という、葉に斑点ができて枯れてしまう病気にかかっていますが、その葉たちは、今順調に育っているかぼちゃを日差しから守るために覆う役目を果たします。

校長先生にそうアドバイスされる直前、危うくその葉を処分してしまおうとしていた無知な私たち…。
安易にムダにしてはなりませぬ。


828nyokki
この日のお昼ごはんはニョッキでした。

トマトソース&バジルソースで。

その他、きゅうりとミニトマト&
手作りしそドレッシングのサラダ、
コーンスープをいただきました。

これから、ますます野菜がおいしくなる秋が
やってきます。この時期現れるスイーツに
毎年誘惑されている…今年もすでに負けそうです。









































お肉と野菜たっぷりランチ

畑の学校もはやいもので7回目。さてさて野菜たちの様子は…?

807papu
やっとパプリカが色付きました。
今年はやや色付きがにぶいようですが、
とっても肉厚です。

807toma_2こちらは調理用イタリアントマト。
少しずつ赤くなっています。

屋外だとどうしても
実が割れてしまうのですが、加工してしまえば問題なし。加熱して食べてみたところとてもおいしかったです。

807toukibi

あれれ?!

とうもろこしくん、どうしたのでしょう!
私より小さくなっている。

手前と奥の列がかなり傾いておりました。
強風にやられてしまった模様です。
でも12本収穫できました。

その他、ナス、ピーマンごろごろ、
大葉&バジルわらわら穫れました。



本日のランチは野菜たっぷりジンギスカンaries
この地域には有名でおいしいお肉があるのです。
汗だく、土まみれで動いた後の、屋外でのごはんは最高です。
807jin
←こちらは校長先生お手製の豪快野菜炒め。

トマト、パプリカ、ズッキーニ、
玉ねぎ、しいたけ、ピーマン、ナス、鶏肉…
鉄板でドーンと出てくるとなおさらおいしそう。

農園のお米で作ったごましおおにぎりも大人気でしたriceball

本日は飲み会ではなく、あくまで授業です。
が、ノンアルコールビールが用意されていました。
ドライバーにやさしいですね。

このランチだけで、良質な栄養分が体に一気に
吸収された気がします。

毎日食べ続けたら、お肌にもいい影響があるかしらshine


帰宅後はいつものように野菜を洗い、保存。
とにかくとうもろこしが山のようにあるので、茹でては食べ、休んでは食べ…。
カニを食べる時、無口になるとよく言いますが、とうもろこしも同じかも。
ほぐして色々な料理に使うのもいいのですが、やっぱりまるかじりがおいしいのです。





















 

夏野菜にワクワク

726mugi_2 ジャガイモの花が盛りを終え、
刈り取り直前の黄金色の小麦がきれいな農園。

私たちの畑の野菜もぐんぐん大きくなり、
それに比例して雑草も大きくなり…。

こちらは坊ちゃんかぼちゃです。
軽くて小さいので切るのがラクです。
もう少しで収穫!
726kabo













726kao


とうもろこしはこーんなに伸びました。

やはり、あっという間に背を越されました。

以前と同じ服装ですが
同じ日ではありません。
念のため。
畑の時はこのルックと決まっているのです〜。

まだ実は細いですが「ヒゲ」が出てきていて
それらしい姿に。
茹でても焼いてもおいしいとうもろこし。
早く食べたいです。

726jpg




今日はナス、ピーマン、
キャベツ、大葉、かぶを収穫。
農園のミニトマトをもぎとり&
購入してきました。
ハウスの中に鈴なりになっている
ミニトマトは宝石のようでした。

帰宅後、疲れた体にムチ打って
野菜たちをきれいにしてあげます。

まずオットが泥落とし&私の苦手な「虫チェック」。
「虫、いそう…」と思いながら見ると本当にいるからなぁ〜。

次に私がさらに丁寧に水洗い。冷凍できるものは冷凍。同時に夕食準備。

オットには野菜の水分拭き取り作業を依頼。地味〜。
大葉の枚数を数えていました。なんと83枚!!
お昼のおにぎりに巻いて食べた分も合わせると88枚。(←「葉っぱ」だけに88?)

今日のごはんは「畑の野菜ピザ」。
さっそくナス、ピーマン、バジルを使い、サラダにはミニトマトとキャベツ。
726pizza
とれたてのキャベツは、
腱鞘炎の手にもやさしいやわらかさ。
力をあまり入れなくても包丁がスッと
入ります。

プロが作る皮のやわらかいミニトマトは
フルーツのような甘さ。

収穫した野菜は長持ちさせいですが、
早めに食べた方がおいしさを堪能できるんだ
ろうな〜。もったいないけれど!























畑の恵みを食卓へ

7月に入ってから少し涼しい日が続いていますが、
寒暖の差にも負けず畑の野菜が元気に育ってくれています。
Nasu
ナスがひとつ、できていました!

冷夏だった昨年は穫れなかったと言われていた、

校長先生も「うまくいかないんだよね〜」と
おっしゃっていた、ナス栽培。

一か八かで挑戦したらできました。
お天気に感謝です。

Daikonそして大根。

お見事!

9本穫れました。

おすそわけして、

すりおろして、

スライスして…。

しばらく食べられそうです。

712kaoとうもろこしもこんなに大きくなっています。

私の背丈とほぼ同じくらい。

私の身長ですか?

想像にお任せいたします。

私の身長はもう伸びないのに…crying

2週間後にはあっという間に抜かれてしまう。

うらやましいぞ〜。

712gohanこの日穫れた野菜オンパレード夕食です。

ふろふき大根
ナスの漬け物
レタスいっぱい
かぶのお味噌汁
まぜごはん&青じそ

野菜はやっぱり穫れたてが一番。
香りがよく、みずみずしい☆
今日の収穫はどれだけの金額に相当するか??
省エネ生活続行中のわが家ならでは、
いやいや、主婦ならきっと考えてしまうはず。

オットの概算では「2,500円」。本当かなー?
でもスーパーで、野菜だけに2,500円使うとなると結構なものですよね。
「野菜代がうくぞ〜」と思うこともよいけれど、何より、
種から育てた野菜たちが元気に生長してくれたことが何より嬉しい。
腱鞘炎になっても、畑作業は楽しいのです。

















小さな収穫大きな喜び

第4回目の畑の学校へ行きました。
この日の予想最高気温は30度。6月なのにこの暑さ。
晴天と適度な雨で、野菜たちはぐんぐん大きくなっていました。

背中が焼けそうになりながら草取りや追肥作業。
特に「わき芽かき」は重要な作業。
わき芽(葉のつけ根にできるもの)に栄養を取られると成長の妨げになるため、
小さい時に見つけて対処します。でも、よかれと思って伸ばしていたものが
わき芽だと知り、勉強不足を痛感。

中には花が咲き小さな実ができているものが!
626nasu
←ナスの花。うつくしい〜。

      ↓パプリカの花と実
626pi
















626gohan

お昼ごはんは
農園サラダと長いもの煮物。
あげと大根のおみそ汁。
山で採れたたけのこを使った
たけのこごはん。
おかわりする人続出のおいしさでした。

自分の畑の世話で手いっぱいで
お手伝いできませんでしたが
作ってくれた方々、
ごちそうさまでした!


628そして待望の収穫。

今回はレタスとかぶです。

かぶは直径5cmかそれより
小さいサイズなのですが、
2週間たつとあっという間に
巨大化するとのことで
漬物用にと収穫。
残りは煮物用に、大きくなるのを
待ちます。

レタスもかぶもやわらかく、
初めての収穫に感動!
無農薬・無化学肥料で安心。
葉もまるごと食べてゴミもなし。

次回何が収穫できるか楽しみです。





























暑さと草と戦う

Hatake畑へ行く週末になるといつもお天気。うれしい反面、暑いと少し動いただけで汗がじんわり。
日焼け対策もぬかりなく、3回目の授業へ行ってきました。

612_2 14の畝すべてがうまりました。
バジルとシソのみ、まだポットで生育中です。
さつまいも、かぶ、レタス、キャベツ
ニンジン、トマト大&小、ナス、ピーマン、
パプリカ、かぼちゃ、枝豆、とうきび、大根

午前中の作業は草とりがメイン。
背中にじわじわと日差しを浴びながらブチブチ…。
おっとニンジンまで抜いてしまいそう!
雑草は早めに対処しないと後悔しますからね〜。

ひとつひとつ、手間をかけ時間をかけ。
収穫の楽しみを思えば苦になりません。

612nae
畑の一部。
奥がとうきび、手前が枝豆です。

敷きわらのおかげで、
雑草抑制&保温効果バツグンです。

612mugi_4

こちらは小麦畑。
フサフサ、
青々してきました。









612imo_2

そしてこちらが5月5日に植え付けた
じゃがいも畑。
こんなに大きくなっていました!

左に写っているのは草取りの機械。
本当はこの畑の草取りもしなくては
ならなかったのですが時間の関係でできず。
どれだけ採れるのでしょうhappy02
かなりの収穫が見込めそうです。

稲も順調に育っていました。
畑へ行くたび、まわりの風景や
作物たちの姿がどんどん変わっていきます。
ついこの前まで殺風景だったのに。
自然の力は偉大です。





pencil今回はうさ子登場ナシの、写真だけのレポートでした。
2年くらい前にテニスで右手首が腱鞘炎(けんしょうえん)になり、
しばらく休んで治ったはずだったのですが、畑でスコップを持ってから突如再発。
鍋を持つ手も痛い、もちろんラケットなんて振り回せない、曲げ方によっては激痛。
すごーく厄介なケガです。
絵が描けないほどではないのですが、早期回復のため、
休めるところは休んで治したいと思います。












 














「田 植え子」になる

第2回目の畑の学校へ行ってきました。
学校の日になるとお天気がよくなります。運動会日和でもありましたね。

今日も種まきや定植、草取り、トンネル作りなどしました。
Satumaそしてコンテスト用のサツマイモを植えました。
コンテスト…大きさ?味?収穫量?何を競うのかは
わかりませんが、全員同じ条件で育てて生育状況を観察します。

これが植えたばかりのサツマイモの苗です。
「何これ?ふにゃふにゃで倒れてる…」
と心配になりますが、サツマイモは強いそうなので
それを信じて楽しみにしたいと思います。

そして今日の目玉イベント「田植え体験」。
やる気満々で用意したのに参加者は私と親子2名の合計3名&応援団数名。
みなさん自分の畑の管理で精一杯。最初は作業量が多いのです。
畑はオットに任せて田んぼへGO!
Ine本格的な田植えは初めて。足を入れた瞬間は「にゅわ〜っ」とした
感触と冷たさに驚きつつも徐々に温もりがやみつきに。
10cmほどに育ったお米の苗はそれはそれはかわいらしい姿です。
最初に先生が植える場所に印をつけてくれます。
先生自ら田んぼに入って機械を引っ張ります。体力がいる作業です!
ポコっともりあがった部分に苗を埋めるような感じ。
思ったより腰も曲げずにできるし楽しい!
お子さんも上手に楽しそうに植えていて、これこそ食育だと実感。
でも昔の人はもっともっと大変だったに違いない。
それを忘れずに、これからもごはんを大事にいただきます。

←中央2列が私が植えた部分です。
なかなかまっすぐ植えられているでしょう?
これでどのくらいのお米になるのかな〜。楽しみ楽しみ。
冷害にならないよう祈るばかりです。
530

















今日は重要な作業のひとつである「間引き」もしました。
よりよく大きく育つよう丈夫な葉を残します。
形が悪いものや虫食いされた葉は泣く泣く天国へ。
残った苗がみんなの分まで頑張って大きくなるからね〜crying

Fuki_2今日の昼食にいただいた農園お手製のフキとカブのお漬物。
やわらかくて美味。
私たちも「早く自分たちで育てた
野菜が食べたいなぁ」と思う日々です。




入学式から居残り

お天気に恵まれた週末、農業小学校第一日目「入学式」へ行ってきました。
初日は基本の作業で内容もりだくさん…
なのはどうやら私たちだけ?!
みなさん経験者でテキパキ作業をこなす中、ブランクのある私たちは
たびたび先生に教わりながら作業しました。
Img200まずうね作りからスタート。
「かまぼこ形」にするのがポイント
ですが、先生曰く
「最近の中学生にかまぼこ形って言ってもわからないみたい」
それはかまぼこを知らないってこと…?

14のうねを完成させ、次は作付け計画に基づいて楽しい種まき&苗の移植。
苗作りに時間を要するものは、
先生が事前に育ててくれた苗があるのでそれらを購入。
素人にはこの方が安心です。

bud大きなトマト、ミニトマト、ピーマン、パプリカ、かぼちゃです。

515nae_2←こちらはポットに種まきしたレタス、キャベツ、バジル、しそ、
枝豆、とうきびたち。

カブ、ニンジン、大根は直播きしました。
元気な芽がでてきますように!


今回定植したのはミニトマトとピーマン、パプリカ。
これらの根元をわらでマルチング(雑草抑制や土の温度や湿度を適度に保つため)します。
します。支柱を使ってトンネルを作り、その上から不織布という薄手の布で覆います。
苗がしっかり根付くまで寒さや風から守ります。ビニールでもできます。
布の端は土を乗せて重し代わりとします。

直播きしたうねには同じくこの布をかけますが、こちらはべたがけです。
軽いので芽が出てきてもつぶれる心配はありません。
破れてしまわない限り再利用できるので便利です。
515une
授業は10時から15時までで、
午後は各々のペースで進めて自由解散なのですが、
私たちはなんだかんだで1時間オーバー。
初日から早速居残りでしたcoldsweats01

←一区画10坪(幅2m×奥行16m)。
14うねができた畑全体風景です。
各畑には名前をつけて看板を立てます。

命名「豆 煮え子な畑」
です。看板作りは入学式までの宿題だったのですが、
誰一人としてやってきていませんでした。おお〜優秀!

一番手前の黒ビニールシートの部分には全員共通の作物を植えます。
次回乞うご期待!




 




より以前の記事一覧